防錆剤(サビ止め)をはじめ工業用潤滑剤の製造・販売

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • よくある質問

東洋薬化学工業の強み

TOP > 東洋薬化学工業の強み

サビを「防ぐ」「はがす」技術の専門メーカー

東洋薬化学工業は、防錆剤をはじめとする工業用潤滑剤の製造・販売を中心に、多様な製品をご提供しております。

創業以来半世紀以上にわたり、お客様の需要に応じて最適な材料と油剤を研究開発し、高品質な製品を提供させていただきます。

サビを「防ぐ」「はがす」技術の専門メーカー

戦後いちはやく開発された純国産防錆剤

東洋薬化学工業が、「ラノリン(羊皮脂)」を主成分とする純国産防錆剤を開発したのは、戦後まもなくのことでした。羊皮脂は中世ヨーロッパの文書保護にも活用されており、羊皮紙を用いた文書は現世まで残されています。この性質にいちはやく着目したものの、ラノリンには鉱油や溶剤に対する難溶性などの問題がありました。これらの問題を解消し、ラノリン誘導体を主成分とした防錆剤を開発したのが1956年(昭和31年)のこと。以来、防錆技術をもとに鋼板型枠の防錆剥離剤として販売し、幅広い分野に使用されご好評を得てまいりました。

戦後いちはやく開発された純国産防錆剤

オーダーメイドへのこだわり

私たちが創業以来、ずっとこだわり続けてきたこと。それは、「製品は徹底したオーダーメイドにこだわる」ことです。あくまでもユーザー需要に応じて最適な原材料と油剤を研究開発し、高品質な製品を提供することに徹底してこだわります。

お客様にとって「何が一番重要か」を考えた製品を提供することを目的とし、大、小ロット、短納期での生産をこころがけ、すべての製品はただ単に消耗品として作るのではなく「いかに人と自然に優しい環境を創造してゆくか」を念頭においたモノ造りに励んでいます。

オーダーメイドへのこだわり
東洋薬化学工業株式会社
一般のお問い合わせや、防錆剤、剥離剤に関する お問い合わせなどお気軽にどうぞ